最新記事

ブログ村参加中!

SRC公式サイト

最新コメント

プロフィール

Saitama Running Club

Author:Saitama Running Club
Saitama Running Clubは、埼玉を拠点として活動しているランニングクラブです。メニューはインターバルやペース走、LSD、坂トレなど本格的にやってますが、初心者も大丈夫。 走るためのトレーニングに初心者も上級者も大差はありません。勿論ペースは違いますけどね。 みんな自分のペースで頑張っています。 色んな人がいるので本当に楽しいクラブですよ。 是非一度体験してみてください。 入会金は3000円。月会費0円!練習は週に3回開催しており、時間は平日は19:45、土曜日は朝9時からです。練習スケジュールの詳細等は SRC Official Site をご覧ください。

SRCmember's blog

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GOLD COAST MARATHON RACE REPORT

と言う事で行って参りましたゴールドコースト。 13年前にワーキングホリデーで行って
以来のオーストラリア。 懐かしい。 特にオーストラリア訛りの英語が。
本当に強い訛の人は理解不能。 COOL AS! YOU RECON? こんな感じ。
そしてとってもフレンドリー。 普通に道を聞いただけなのに、なんか友達と話す感覚です。

まずはブリズベンへ飛びそこからゴールドコーストへ。 で、気づきました。 クレジットカードを
持って来ていなかった事を。 現金なくなったら終わりです。 まあいつも何か一つは忘れるのだけれど
(準備がいつもぎりぎりで)さすがにクレジットカードなしは不安。 そして不安と言えばもう一つ。
詳細をあまり聞かされないまま着いてしまって、一体どこにいけばいいの?
今回はビブラムファイブフィンガーズ(通称VFF)の招待。 なのでホテルも全部
出してくれるとの事。しかし急にこのVFFオーストラリアの代表に連絡が取れなくなっていて
不安なまま到着。着いて取り敢えず電話するがやっぱり出ない。
バスドライバーにとりあえずゴールドコーストへ!って言ったら、ゴールドコーストって40キロ
続く海岸だよ。って言われて。 えーっと。。。 
そうだ。 マラソンがあって、そのエキスポがあるとこらへん! っていったら、
あー、じゃあsurfers paradiseだね。 そうそう!それ! って勝手に推測して
向かい、降りました。 やっと連絡がつき、あっていてほっとしました。
で、ホテルは? って聞いたら世界で一番高い(高さで)マンションだからすぐわかるって言われて
見渡せばありました。
IMG_0332.jpg
さっすがです。 Q1というマンション。 
本当にきれいだった。2LDkです。

着いた日早々からエキスポのお手伝いです。
VFF、オーストラリアではもう既に凄い人気です。
日本の10倍以上は既に売れているという。
で、このマラソン日本からなんと1000人以上参加。
という事で、マラソン受付もレース当日も英語と日本語のバイリンガル対応。
なので自分もこのエキスポは日本人の対応で大忙し。
でもみんな明るいかたばかりで楽しかったです。
そして、現れたのが谷川真理さん。 
試し履きしたいとの事。 でも今時間がないからまた後で来るからっと言って
足早に去って行きました。 谷マリさんの話をオーナーにしたら、
すぐにプレゼントしてこい!って言われ、渡しに行ったら感動してくれました!
履いて今度感想を教えてくれます! 

さて、泊まっているマンション。2LDKで6-7人で泊まります。
まあ自分は床でいいやって思ってたら、強制的に寝室の立派なベッドに寝させられました。
ゲストだから! なんかうれしいけど凄いプレッシャーでした。 言ってはあったけど
トレーニング月40km前後。 しかもLSDはマラソンのレースのみ。 
そして残酷にも時は流れレース当日を迎えます。

朝5時に起き朝ご飯。 アメリカにいたときも必ずおにぎりを朝に食べるんですけど
変える所がなくて。 しょうがなくミュースリーとチアシード。 チアって、
BORN TO RUNを読んだ人は分かると思いますが、あのメキシコのタラウマラ族が
食べている腹持ちがいいっていう種です。 お茶にちょっとだけいれれば
あとはお腹で膨らむんです。 ティースプーン一杯っていわれたんだけど
よくばっていっぱい入れて飲んだら。。。
そしてレース会場へ。 まずはトイレへ! って、へ?公衆トイレのみ?
仮設トイレは別のところにあったみたいで。でも誰も気づかず。
30分並ぶもまだまだ。 時間がなくなって来たので諦めてバックを預けに。
ここも列が! しかも時間がない。 応援に来ている人にしぶしぶ預ける事に。
スタッフが凄く不足している感じでした。
で、トイレもレース中に行こうと思っていたけど全然なかったです。汗)
汚い話ですが、女性でもらしながら走っていた人結構いたみたいです。
自分も何人かみました。しょうがないですよね。

オーストラリアの国歌が流れ、スタート!
初ビブラムでのレース。 トレーニングで5-10km裸足では走っていても
それ以上は基本薄いレース用のシューズを履いてしかやってきていません。
もう本当のそのままでしたね。
10km辺までは練習不足も無視しいつも通りキロ3:50-55ぐらいで走ります。
marathon1.jpg
で、なんと19kmで急に足がガクンときて。止まってしまいました。
まさかです。 1ヶ月前のロックンロールマラソンでも30kmぐらいまではなんとかなったのに。
19kmで落ちたのは初めての経験。 これ、自分のレースだったら多分リタイアしてましたね。
でも招待されていたので最悪完走はしないと。 既に足は痙攣し始めています。
で、自分はいつも痙攣防止でソルトタブレットを必ず飲みながら走って防いでいたんですが、
レース前慌てていて、バッグから取り出すの忘れていました。 がーん!です。
しかも、あのチアシード。 食べ過ぎてお腹が本当に膨らんできて気持ち悪い。
なんか本当に最悪の状況でしたね。 
25km時点での様子がこれです。
marathoばてばて
これ、躍動感0。 もう殆ど足が動いていません。
そして、さらに小指が自分の足はちょっと長いみたいで先があたっていて爪がいたい。
ってか爪切るの忘れていました。 涙)
もうとにかく1kmごとにゆっくり走って、ウォーターステーションで一旦止まり、ストレッチして
またゆっくり走る。これの繰り返しでした。
で、最後の5kmのところでシューズを脱ぎました。 でもVFFの招待なので目立つように手でもって
走りました(歩き?)
hadashi.jpg
そしてゴール。 後半は2時間近くかかってしまいました。
3:14分。 今までで一番遅かったタイムから20分遅れです。 
あー、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいでしたが、みんな暖かく迎えてくれました。涙)

そして、ゴールにいたのはあのSRCオーストラリアメンバーの
マイケル。 マイケルはハーフにエントリーしていたので既に終わっていました。
mike-yoshi2.jpg
マイケルは1:29でゴール。 今の体重を考えれば凄い速い。 あと20kgぐらいやせたいとの事。
マイケルは10月にまた一ヶ月きます。
で、みんなに、来年はSRCメンバーみんなで来てください! って言ってましたよ!

で、VFFの仲間を捜していたら、他の日本人の人が話かけにきてくれました。
誰かと思ったらなんと谷マリさんでした。 しかも谷マリさんから一緒に写真とって
いいですか? って聞かれて。 有名人から写真を一緒に!なんていわれる事なんて
ないですからね。 勿論自分もお願いして写真とりました。
IMG_6363[1]
凄くサバサバした感じで爽やかでしたね!

それにしても、よく裸足レッスンでいってますが、筋肉に負荷がかかる。まさにその通り。
トレーニング無しでは走れません。 しっかりトレーニングを積んで再チャレンジしたいって
いう思いが強くなってきました。目指せVFFの世界記録。 2時間36分。 本当に速い
人達はみんなスポンサーがついているので一般人での最高記録はそんなもんみたいです。
なので頑張れば行ける範囲。 簡単ではないだろうけど可能です。
ちなみに裸足の世界記録は勿論アベベ!2時間10分ぐらいのはず。

レース後足がぼろぼろで歩くのも大変。 でもチームメイトでVFFニュージーランドの
ジェームズ君も初めてビブラムレースでいつも通りのタイム2:41でゴールしてました。
さすが。 若い。終わった後もぴんぴん走り回ってました。
そして自分はこのジェームズ君が運んでくれました。こんな感じで。
yoshi cart
背に腹は変えられません! 笑)

そしてフルに出たVFFチームメンバー三人で記念撮影。
VFF team1
もう1人はスコット君。 
彼も自分と同じく教える立場でトレーニングは無しで挑んでいたので
大変そうでした。 自己ベストから1時間遅れてのゴール。自分以上にショックを受けていました。
頑張れ!

さて、そんななかこのゴールドコーストマラソンで世界記録が生まれました。
60歳-64歳の女性のマラソンの世界記録。 なんと3時間1分! 速い!
60歳のおばあちゃんのタイム。 凄い!

ということで、いい経験になったゴールドコースとマラソン。走った距離は裏切らない!
その通りですね。 

さて、クレジットカードを忘れた自分はブリズベンに残りの3日間を過ごす事に。
ラッキーな事に、招待レースだったため、結局1セントも使わずに全部
3人分出して頂きました。 ありがたい!
ビブラムファイブフィンガーズ万歳!

で、ブリズベンでは勿論格安のバックパッカーに泊まり、
無料のツアーに参加してました。
IMG_0362.jpg
それにしてもさすがに無料だけいって、色んな店の宣伝がはいってましたね。
でも無料だけあって色んなところのものが無料でもらえたり
したので本当にお得です!

ちなみにブリズベンとってもいい街でした。
緑もあり、大きすぎず小さすぎない街。
サンディエゴ的な感じですかね。
気候も真冬なのに20度ぐらいありました。
おすすめです。

気づいたらブログ村ランキング激落ちしていますね。
まあ、復活は難しいですが、最後までみたかたは
下のマラソンっていうアイコンポチッと
押してください!

にほんブログ村 その他スポーツブログ (ジョギング)・マラソンへ
にほんブログ村

ランニンググッズ

iPhoneケース




スポンサーサイト

<< 裸足イベントのオンパレードそして怪我! | ホーム | サマープラクティス @ 戸田市スポーツセンター >>


コメント

お疲れ様でした!

走った距離は裏切らないか…

もっとがんばらなければ!

なんかやっけに燃えてますよねぇ最近。
燃え過ぎて燃え尽きないようにしてくださいね。
ランニングはあらゆるスポーツの基本ですから。
長ーくつきあって行きましょう!


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


?åθ??Ĥ?ξ?


-

管理人の承認後に表示されます


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。